当事務所はホームページからのお問い合わせを大事にしております。
初回相談は無料です、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談予約082-821-0200
電話受付時間/9:00~19:00(土・日・祝日可)

メールでのご相談予約

  • ホーム
  • カテゴリー別
  • 年月別

相続登記の登録免許税の免税措置新設について

2018年4月2日

平成30年度の税制改正により,相続による土地の所有権の移転の登記について,次の登録免許税の免税措置が設けられました。
<租税特別措置法第84条の2の3 第1項>

個人が相続(相続人に対する遺贈を含む。以下この条において同じ。)により土地の所有権を取得した場合において、当該個人が当該相続による当該土地の所有権の移転の登記を受ける前に死亡したときは、平成30年4月1日から平成33年3月31日までの間に当該個人を当該土地の所有権の登記名義人とするために受ける登記については、登録免許税を課さない。

ぱっと見ただけですと、相続登記の登録免許税全てが免税されると誤解があるかもしれませんが、今回の税制改正で相続による登録免許税が全て免税になるわけではありません。

下記イラストで解説します。

この場合、登記名義を亡Cに移転するには、登録免許税が免税されます。

しかし、登記名義をEに移転するには、登録免許税が発生します。

登記手続き上は、直接AからEに変更可能となっております。この場合は、当然登録免許税が発生します。

また、家屋は対象ではなく、土地のみとなっております。

法務局のHPにも、詳しく解説がございますので、併せてご参照ください。

今回の税制改正がどれだけ利用されるかは不明ですが、相続登記未了問題は国土の開発に深刻な問題を多く発生します。
今回の税制改正で少しでも相続登記の推進すればと存じます。

相続にお悩みの事がございましたらお気軽にご相談下さい。

初回相談無料
土・日・祝日もOK! 
面談でのご相談は事前にご予約下さい。

Page Top

〒736-0065
広島県安芸郡海田町南昭和町
1番31号
TEL:082-821-0200
Mail:takeda@office.email.ne.jp
駐車場完備

所属司法書士
・司法書士 武田圭史
 会員番号0852番
 簡裁訴訟代理関係業務認定
 第524021号
・司法書士 竹川由佳
 会員番号0813番
 簡裁訴訟代理関係業務認定
 第524020号

Copyright © TAKEDA OFFICE All Rights Reserved.