当事務所はホームページからのお問い合わせを大事にしております。
初回相談は無料です、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談予約082-821-0200
電話受付時間/9:00~19:00(土・日・祝日可)

メールでのご相談予約

  • ホーム
  • カテゴリー別
  • 年月別
  • 遺言執行者の指定をうけましたが、何をすればよいですか?

    先日の記事でも記載しましたが、現在多くの方が遺言を作成されています。遺言を遺族に残すことはとても重要な事ですが、遺言作成が死亡後、その遺言の実現にむけて必要な行為をしていくことも、重要なことです。 いくら遺言をのこして・・・

    2017年10月4日

  • 農地の時効取得(登記手続き)

    農地を移転する為には、原則農地法3条又は5条の許可が必要となります。しかし、「時効取得」を原因とする所有権移転の場合は、農地法の許可が不要となります。ただし、農地法の許可書を添付しないで登記申請をした場合、農業委員会にそ・・・

    2017年10月3日

  • 遺言は公正証書で(日経記事より)

    平成29年9月30日付けの日経新聞で、「遺言は公正証書で」定着 登録件数200万件突破 の記事が掲載されていました。この趣旨の記事は、最近多く見かけますが、それだけ新聞読者にとって身近な問題なのかもしれません。 公正証・・・

    2017年10月2日

  • 農地転用許可を受けないで地目変更

    地目変更の登記は、土地の物理的な利用状況を変更することにあるから、現況が農地以外の土地に変更されていれば、変更の原因を問わず、たとえ農地法に違反する転用であっても当該登記は受理せざる得ない。(昭36.8.24民甲1778・・・

    2017年9月29日

  • 農地法5条許可(農地の転用目的権利移動)

    農地は、農地法により売買・贈与・転用等の処分が制限されています。主な理由としては、食糧自給のために、「農地を保護」し、「農地の利用促進」のためです。 農地とは? 農地法上の農地は、耕作の目的に供される土地をいいます(・・・

    2017年9月28日

初回相談無料
土・日・祝日もOK! 
面談でのご相談は事前にご予約下さい。

Page Top

〒736-0065
広島県安芸郡海田町南昭和町
1番31号
TEL:082-821-0200
Mail:takeda@office.email.ne.jp
駐車場完備

所属司法書士
・司法書士 武田圭史
 会員番号0852番
 簡裁訴訟代理関係業務認定
 第524021号
・司法書士 竹川由佳
 会員番号0813番
 簡裁訴訟代理関係業務認定
 第524020号

Copyright © TAKEDA OFFICE All Rights Reserved.