当事務所はホームページからのお問い合わせを大事にしております。
初回相談は無料です、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談082-821-0200
電話受付時間/9:00~19:00(土・日・祝日可)

メールでのご相談

  • ホーム
  • カテゴリー別
  • 年月別
  • 遺言と異なる内容の遺産分割は可能でしょうか?

    一定の条件のもと、遺言と異なる内容の遺産分割は可能となっています。 遺言と異なる内容の遺産分割ができる条件 1)相続人全員の同意がある すべての財産について、遺言でどの財産は誰が相続するということが指定されていたと・・・

    2017年10月16日

  • 祖父名義の不動産を直接孫名義に。遺産分割協議はどのように?(数次相続)

    「不動産の名義が亡くなった祖父名義のままになっている。父も死亡していますが、孫である私に直接相続登記できますか?」とのご質問は多く頂きます。この場合、相続人全員の同意があれば、可能となります。 事例で検討 A名義・・・

    2017年10月13日

  • 取締役・監査役を増やしたい。どうすれば?

    さまざまな事情で、会社の役員(取締役・監査役等)を増員することがあります。そのような場合は、株主総会で役員を選任し、本人の承諾が必要となります。また、選任後2週間以内に登記申請をしなければなりません。 まずは、定款を確・・・

    2017年10月12日

  • 財産は自宅不動産くらい。兄弟3人で分けるには?

    相続財産が自宅不動産くらいというのは、決して珍しい話ではありません。また、子のうち誰かが居住していることも多くあります。では、このような場合どうればよいのでしょうか? 相続の状況 田中一郎さんの、相続関係はつぎのとお・・・

    2017年10月11日

  • 遺言作成後、財産を使えなくなりますか?

    遺言を作成しても、記載した財産を使用することも、売却することも可能です。ただし、遺言作成者が、遺言に記載された財産を生前に使用又は売却してしまうと、その財産について書かれた部分について、取り消したものとみなされます。 ・・・

    2017年10月10日

初回相談無料
土・日・祝日もOK! 
面談でのご相談は事前にご予約下さい。

Page Top

〒736-0065
広島県安芸郡海田町南昭和町
1番31号
TEL:082-821-0200
Mail:takeda@office.email.ne.jp
駐車場完備

所属司法書士
・司法書士 武田圭史
 会員番号0852番
 簡裁訴訟代理関係業務認定
 第524021号
・司法書士 竹川由佳
 会員番号0813番
 簡裁訴訟代理関係業務認定
 第524020号

Copyright © TAKEDA OFFICE All Rights Reserved.