当事務所はホームページからのお問い合わせを大事にしております。
初回相談は無料です、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談予約082-821-0200
電話受付時間/9:00~19:00(土・日・祝日可)

メールでのご相談予約

  • ホーム
  • カテゴリー別
  • 年月別
  • 子を認知したときの戸籍

    婚姻関係のない男女に生まれた子を「非嫡出子」といいます。非嫡出子は、父親と法的な親子関係がないため、父親の財産等を相続ができません。法的な親子関係を発生するためには、父親の「認知」が必要となります。 認知の方法 認知・・・

    2017年9月14日

  • 共有者の一人からの抵当権抹消

    住宅ローンを完済したとしても、自宅に設定されている抵当権は自動的に抹消はされません。そのため、抵当権抹消手続きを手続を行わなければなりません。抵当権抹消手続きは、不動産所有者と抵当権者(銀行・保証会社等)の共同申請となり・・・

    2017年9月13日

  • 相続させる遺言で指定した相続人が先に死亡

    遺言により相続人の1人に、遺産を相続させる場合、遺言に「相続させる」旨の条項をいれます。 しかし、相続させる予定の相続人が、遺言者を先に死亡した場合、特段の事情がない限り死亡した相続人の子には遺言の効力が生じません。 ・・・

    2017年9月13日

  • 2人以上の代表取締役

    株式会社の代表取締役は1名の場合が多いですが、2名以上を代表取締役とすることも可能です。 取締役会設置の有無により、取扱いが異なりますので注意が必要です。 取締役会設置会社の手続 取締役会設置会社では、取締役3・・・

    2017年9月13日

  • 高額療養費と相続放棄

    終末医療に多額の医療費がかかるため、高額療養費を利用される方は多くいらっしゃいます。 しかし、相続放棄の手続した場合、高額療養費の払戻し請求ができなくなるため、注意が必要です。 そもそも高額療養費とは? 高額療養費・・・

    2017年9月8日

初回相談無料
土・日・祝日もOK! 
面談でのご相談は事前にご予約下さい。

Page Top

〒736-0065
広島県安芸郡海田町南昭和町
1番31号
TEL:082-821-0200
Mail:takeda@office.email.ne.jp
駐車場完備

所属司法書士
・司法書士 武田圭史
 会員番号0852番
 簡裁訴訟代理関係業務認定
 第524021号
・司法書士 竹川由佳
 会員番号0813番
 簡裁訴訟代理関係業務認定
 第524020号

Copyright © TAKEDA OFFICE All Rights Reserved.